改修工事入りました!

空き家を活用して、宿屋の開業を目指している旧玉村邸。

地域まるっと体感宿 玉村屋の開業に向けての改修が始まりました。

まず最初は、解体作業。

2階の和室。畳からフローリングへと変えるため、
既存の床板を剥がしました。
つまり、見えている床のようなものが、1階の天井部分です。

 

続いては、2階の6畳間です。
ここもフローリングにするため、床を剥がしました。
1階の天井がなくなっているのは、1階のこの部分は壁を取り払って
1間につなげてしまうため、天井も張り替える必要があるからです。

 

そして、トイレも新しいものに変えるため、処分しました。

来年、1月の開業に向けて動き出した、旧玉村邸の改修工事。
空き家で荷物がいっぱいの状態を知っているので、
どう変わるのか、楽しみです。

そんな旧玉村邸ですが、明日開催の「街道浪漫今庄宿」に合わせて、

2018年9月16日(日)
10:00~16:00
旧玉村邸内部公開!

解体中ですので、安全確保のため、外からしかご覧いただけませんが、
家の構造を垣間見ることができる、この機会にぜひ★

The following two tabs change content below.

ショー

一般社団法人ぷらすたいむず理事/南越前町地域おこし協力隊 生まれてから大学卒業までを京都で過ごす。20歳の時に自転車で日本一周をしたことをきっかけに「地域」に関心を持ち、旅行会社で地域への送客を、宿泊施設で人の受入を経験し、より地域に入り込んで活動したいと考え、地域おこし協力隊として福井県に赴任。 ミッションは空き家を活用した宿屋の開業。地域素材を活用した「体感プログラム」を開拓、実施中。 協力隊任期終了後は、フリーランスとして、地域活性化サポート、宿屋の運営などを手掛ける予定。