#今しか見れない #家の構造 下屋編

#今しか見れない #家の仕組み
下屋編

改修工事では、なかなか見ることができない家の仕組み(構造)を知ることができます。
今回は、下屋編です。

1.そもそも下屋ってどこのこと?

「下屋」と聞いて、パッとイメージできるのは、建築関係者もしくは雪国の方だけではないでしょうか。私自身も雪国に来るまで「下屋」という言葉を知りませんでした。

なんで、雪国の人なら知ってるかって言うと、冬になると「下屋の雪かきしなあかんねー」という会話になるからです笑

2.下屋の「トントン葺き」とは・・・?

大工さんが「この下屋はトントンブキだねー」と言ってたんです。
「トントンブキ」・・・?
「トントンブキ」・・・??
「トントンブキ」・・・???

教えてもらうと瓦の下地のことで、薄い木の板を敷き詰めている様式でした。

瓦をはがしたら、こんな状態。
薄い板を重ねて並べていくことにより、瓦の間をぬってしみ込んできた雨水が、下に流されていくとのこと。ちなみに、今はアスファルトを吹き付けたシートを敷いているということで、かなり簡単になったそうです。昔は、職人さんが1枚ずつ張り付けていたのを今はシートでばーっと笑

3.下屋の「トントン葺き」と呼ばれる由来は?

傷んでいるため、修繕する必要があります。まずは、剥がします。

そうすると、現れたのが、これっ!
「トントン葺き」と呼ばれる理由は、この写真にヒントが写っています♪
わかりますか??

もう少し、わかりやすくしてみましょう。

丸を付けてみました♪
(いっぱいありすぎて、途中で丸を付けるのがめんどくさくなったのは内緒・・・笑)

そう、釘(クギ)です!

板を張り、釘を打ち付ける金槌(トンカチ)の音「トントン」が由来だそうです。
※所説あるかもしれません。。。

ちなみに昔の職人さんは、この小さな釘を口の中に含み、口の中でうまいこと転がして1本ずつ打ちやすく手でつまんでたとのこと。

また、ひとつ。伝統的な技法を知ることができました♪

このトントン葺きの木板。せっかく歴史を紡いできたので、一部だけ残してもらっています。

なにに使おうか、良いアイデアあれば、お待ちしています!

The following two tabs change content below.

ショー

一般社団法人ぷらすたいむず理事/南越前町地域おこし協力隊 生まれてから大学卒業までを京都で過ごす。20歳の時に自転車で日本一周をしたことをきっかけに「地域」に関心を持ち、旅行会社で地域への送客を、宿泊施設で人の受入を経験し、より地域に入り込んで活動したいと考え、地域おこし協力隊として福井県に赴任。 ミッションは空き家を活用した宿屋の開業。地域素材を活用した「体感プログラム」を開拓、実施中。 協力隊任期終了後は、フリーランスとして、地域活性化サポート、宿屋の運営などを手掛ける予定。