夢を語る語り場の名称決定!&ロゴデザイン募集

2020年新年おめでとうございます!
昨年から取り組み始めたプロジェクト「土蔵を使った夢を叶える語り場」づくりで
名称を募集していましたが、決定しました。

夢を叶える語り場の名称は・・・

「玉り場」に決定

土蔵を改修するため、クラウドファンディングをしていたのですが、
そこで支援してくださった方に投票してもらった結果、このように決定しました。

この候補をエントリーしてくださった方の意味としては
「玉村屋の玉と皆が集まるたまり場をかけました。」ということですが、
「たまり」には
「溜まり/知恵や人のつながりが蓄積されるイメージ」もあると感じています。

 

続いては
この「玉り場」のロゴデザインを募集したいと思います!

<夢を叶える 玉り場/ロゴデザイン募集>
募集期間:1月2日(木)~1月19日(日)
エントリー形式:JPGもしくはGIFデータをメールにて添付ください
エントリー先:imajo.guesthouse@gmail.com
エントリー項目(メールに記入ください)
①お名前 ②連絡先 ③住所(市町村まででOK)
④今回の募集をどこで知ったか ⑤応募した理由

賞品:地域まるっと体感宿 玉村屋の1泊宿泊券(1名様分)

The following two tabs change content below.

ショー

一般社団法人ぷらすたいむず理事/南越前町地域おこし協力隊 生まれてから大学卒業までを京都で過ごす。20歳の時に自転車で日本一周をしたことをきっかけに「地域」に関心を持ち、旅行会社で地域への送客を、宿泊施設で人の受入を経験し、より地域に入り込んで活動したいと考え、地域おこし協力隊として福井県に赴任。 ミッションは空き家を活用した宿屋の開業。地域素材を活用した「体感プログラム」を開拓、実施中。 協力隊任期終了後は、フリーランスとして、地域活性化サポート、宿屋の運営などを手掛ける予定。